about Aola>​Profile

​Profile

​フラワーエッセンス職人

フラワーエッセンス・プラクティショナー
 武田 瑞穂 (たけだ みずほ)

 

2002年にフラワーエッセンスと出会い、プラクティショナー(実践者)としての活動を開始し、現在までのフラワーエッセンスのセッションは13,500ケースを超える。


自らの体験の中で、対処療法的視点からの癒しや変容へのアプローチに限界を感じていた頃、"わたし"との出会いを体験。以降「"わたし"というデザインをあらわし、日々をイキイキと味わって生きること」に意識を合わせ、セッションやセミナー等を行う。


2 016年秋より、千葉県外房の自然豊かな里山へ移住し「フラワーエッセンス工房 atelier Aola(アトリエ アオーラ)」をオープン。


現在は、工房でのプライベートセッションの他、遠隔セッション(電話・各種アプリ・メール等使用)にて日本全国・国外からのオーダーに対応している。

​​

© atelier Aola* All Rights Reserved